« 能登さくら駅 | トップページ | 初詣・賀寿祈祷 »

2016年6月15日 (水)

和みの光

ここの所、公私共に忙しい日々が続いておりますが...

この時期はホタルの光に癒されております。

2016_06_15_01

コチラの家の裏手には灌漑の為の用水が流れており、

   2016_06_15_02

1→3→5 と分岐したうちの二本が裏庭に隣接して
流れているのですが、

   2016_06_15_03

この用水にはホタルが生息しています。

   2016_06_15_04

この辺りに生息しているのは、

 ゲンジボタル(源氏蛍)

   鞘翅目ホタル科 学名:Luciola cruciata

   2016_06_15_05

 日本固有種で、成虫の体長は15mm前後

体色は黒色、胸部はピンク色で、中央の十字形の模様が
学名「cruciata (ラテン語:十字軍)」の由来だそうで、

生息域は河川(流水)で、メスの方がオスよりも大きく、
幼虫時はカワニナを主食とし、成虫は水分を摂取するのみ。

   2016_06_15_06

成虫の期間は2~3週間で、発光期間は一週間ほど。

 オスは第6腹節と第7腹節の二カ所が発光し、
 メスは第6腹節だけが発光し、オスは飛び回りながら、
 メスは草の上などに止まって発光するそうで、

 点滅は25~30回/分、西日本と東日本では西日本の方が
 発光テンポが速い事が知られています。

      flair      flair      flair

 この用水から取水している下流の田んぼでは
 ヘイケボタル(平家蛍)も生息しているようで、

  ヘイケボタルはゲンジボタルよりも小さく、
  水田・池・湿原などの止水域に生息し、
  幼虫の主食はタニシ・モノアラガイ等で、
  成虫の発生はゲンジボタルよりも遅く、
  発光はゲンジボタルよりも速いそうです。

      flair      flair      flair

日中はコチラの家の裏庭の庭木や、用水の法面の草などで
休息し、日が暮れると光の乱舞が始まります...

2016_06_15_07

今回、裏庭での撮影は、SS(シャッタースピード)を30秒にセット。

2016_06_15_08

光跡が比較的綺麗に撮れたカットから5枚を選んで、
重ねて合成したものが一番上の一枚目の画像です。

      flair      flair      flair

コチラの家の裏庭は勿論ですが、隣接する家の方々の同意を貰って、
用水の周囲の法面等の草刈り等、ワタシがさせて頂いているのですが、
この時期は発生したホタルの成虫が日中に休息出来るようにと水際など
刈り残すようにしています。

 上流からは結構ゴミが流れて来て、用水の分岐路部分に溜まるので、
 空き缶、空き瓶の回収なども含めてその都度ワタシの方で...

裏庭に隣接するこの用水ですが、時折カワセミが採餌に来たりもします。

      flair      flair      flair

ホタルは意外と高い所も飛び回り、コチラの家の二階の窓の辺りにも
飛んで来るので、毎年この時期には就寝前に二階の窓から裏庭の
ホタルの光を観て癒されてから寝るのが日課となっています。  (^_^)v

|

« 能登さくら駅 | トップページ | 初詣・賀寿祈祷 »

動物」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 能登さくら駅 | トップページ | 初詣・賀寿祈祷 »