« あったかいんだからぁ~!? | トップページ | コメントに関して »

2016年1月 6日 (水)

金沢の雑煮

正月の雑煮、地方や地域、また各家庭によっても
様々だと思います。

2016_01_06_01

海の幸、山の幸と食材にたいへん恵まれている金沢、
加賀百万石の雑煮、どのようなものを想像されるでしょうか?

 実はワタシ、金沢の雑煮が本来どのようなものか
 特に気にも留めていなかったのですが、 (^_^;)

たまたま5日の夕方、NHK地元局の放送で金沢の雑煮を
取上げていたもので...

2016_01_06_02

角餅にセリと削り節を乗せた、昆布出汁のすまし仕立て

意外とシンプルなものでした。

     chick ...  chick ...  chick ...

もともと関西の影響が強かった金沢、
その昔は京風雑煮(味噌仕立て、丸餅)だったそうなのですが、
江戸時代の初期に現在のようなものに変わって行ったそうで、

これは加賀藩二代藩主・前田利常(藩祖・利家の四男)に
徳川家康の内孫である珠姫が嫁いだ事で江戸風雑煮
(すまし仕立て、角餅、具沢山)が入って来たのではないかと
言われているそうです。

 具沢山の江戸風雑煮に比べて、具材がセリと削り節のみと
 シンプルなのは、外様大名である加賀藩前田家が
 徳川幕府をたて、服従を示していた?とも...

2016_01_06_03

 昆布出汁は時間を掛けて作り、
  角餅は出汁とは別の鍋で軽く茹で、
    セリと削り節を乗せ、

セリは 「競り」、鰹節は 「勝男武士」 と

    「戦いで競り勝つ」 との意味合いだそうで。

     chick ...  chick ...  chick ...

また食べ方は、セリを端に寄せて餅から食べ、

2016_01_06_04

  これには、「菜を残す」=「名を遺す」 との

意味合いが込められていると言われていますが...

加賀藩祖・前田利家公、正室・まつの方ともに生国は尾張、

Wikipediaの「雑煮」の項をみると、

 江戸時代、尾張藩を中心とした東海地方の諸藩では、
 武家の雑煮には餅菜(正月菜)と呼ばれる小松菜に近い
 在来の菜類(愛知の伝統野菜)のみを具とし、
 餅と菜を一緒に取り上げて食べるのが習わしで、

 「(=菜)を持ち(=餅)上げる」という縁起担ぎだった...

という記述もありますので、必ずしも珠姫が嫁いで来た事に
始まるとも言えないのでは?とワタシは思ったりもするのですが、
どうなんでしょうね?

     chick ...  chick ...  chick ...

この雑煮は主に金沢の中心部に多いとの事で、
県内では角餅、丸餅、味噌仕立て、すまし仕立てなど
各地域によって様々です。

ちなみにワタシは、

     インスタントの吸い物 に 焼いた餅 です。 (^_^;)

|

« あったかいんだからぁ~!? | トップページ | コメントに関して »

その他」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

食・グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あったかいんだからぁ~!? | トップページ | コメントに関して »