« 十二町潟 | トップページ | 3月スタート »

2014年2月25日 (火)

オム・グルメサミット

オムライス町おこしの一つにしている宝達志水町で

2月23日(日)に「全国オム・グルメサミット」なるイベントが

開かれるという事で行って来ました。

2014_02_23_01

宝達志水町は、洋食メニューの代表格の一つ
「オムライス」を生んだ料理人、故・北橋茂男氏の生まれ故郷
ということから「オムライスの郷プロジェクト」を立ち上げて
ご当地グルメとして取り組んでいます。

   「オムライスの郷」オフィシャルサイト → こちら

「オムライス発祥の店」に関しては諸説あり、有名なのは
 東京銀座の「煉瓦亭」と、大阪心斎橋の「北極星

 「煉瓦亭」のものは、卵に白飯と具を混ぜて焼いた賄い料理が原型で、
 「北極星」のものはケチャップライスを卵で包んだもので、現在一般的に
 知られているオムライスの形状のもの。

 「北極星」のオムライス誕生等については、上記オフィシャルサイトで
 取り上げられていますので、ご参照下さいませ。 m(_ _)m

 そういえば、現在放送中のNHKの朝ドラ「ごちそうさん」の中で
 主人公の実家である「開明軒」では「オムレットライス」の名前で
 オムライスが登場していましたネ。

で、今回のイベントですが ...オムライスの郷プロジェクト実行委員会が
「オム(卵)+ライス」という事で、卵と米を使ったご当地グルメで全国を
盛り上げようと「全国オム・グルメサミット」と称して企画したそうです。

会場になったのは、同町の町民センター「アステラス」で
10:00開場、終了は15:00 ... 食のイベントという事で朝食を抜いて
開場時間に合わせて出掛けました。

2014_02_23_02

   今回のご当地「オム・グルメ」の各のぼり

同町「宝達志水オムライス」、北海道富良野市の「富良野オムカレー」、
お隣・福井県越前市の「ボルガライス」

それぞれ番号入りの食券を買って、順次出来上がったものを番号順に
受け取るのですが、開場直後既に長蛇の列

 ワタシは富良野オムカレーとボルガライスの食券を買い、
 オムカレーが91番、ボルガライスが85番でした。

...用意された800食は1時間半で完売したそうで。

2014_02_23_03
  地元TV局の一つ、北陸朝日放送の取材クルー

ホールでは、石川県白山市出身の芸人コンビ「ぶんぶんボウル」
(吉本興業所属)の二人が案内人として各グルメの紹介や、クイズ大会、

2014_02_23_04

 バンド演奏、同町の子供達によるアトラクションなども。

ちなみに宝達志水オムライスですが、ワタシが時々食べに行くのは
宝達志水町役場の敷地内にある生涯学習センター「さくらドーム21」の
1階にあるコミュニティカフェ「オムライスの郷」

 「やわらぎオムライス(スープ、サラダ付)」 (\750) → こちら

  このオムライスは故・北橋茂男氏のご長男で
  「北極星」の現・総料理長である北橋茂登志氏の監修による
  オリジナルレシピの宝達志水町特製オムライスで、
  特産品を使ったジェラートなどもオススメです。

今回の「オム・グルメ」3種はそれぞれが \500、イベント用ということで、
チョッと小さめなサイズになっているようで...

こちらが会場で食べた「富良野オムカレー

2014_02_23_05
   「ふらの牛乳」と「旗」は必須項目

北海道富良野市の「富良野オムカレー」は町おこしのためにと
富良野オムカレー推進協議会を設立し、地元食材と牛乳消費を狙って
開発されたカレーだそうで、提供店には「富良野オムカレー6か条」が
義務付けられているそうで、

 1. 米は富良野産を使い、ライスに工夫を凝らす
 2. 卵は原則、富良野産を使い、オムカレーの中央に旗を立てる
 3. 富良野産の「チーズ(バター)」もしくは「ワイン」を使用する
 4. 野菜や肉、福神漬(ピクルス)なども富良野産・北海道産にこだわる
 5. 富良野産の食材にこだわった一品メニューと「ふらの牛乳」をつける
 6. 料金は税込み1,000円以内で提供する

  富良野オムカレー オフィシャルサイト → こちら

今回のものは丸いフライドポテトとソーセージ等がトッピングされていて、
ルーは濃厚なドロリとしたタイプのワタシ好みで、美味しく頂きました。 (^_^)

で、こちらが福井県越前市(旧・武生市)の「ボルガライス

2014_02_23_06

 「オムライス」と「ボルガライス」はテイクアウト可能だというので、
 「ホルガライス」はコチラの家に持って帰って、お昼に頂きました。

「ボルガライス」とは基本的にオムライスの上にトンカツを乗せたモノで、
武生では30年ほど前からあるそうですが、名前の由来や発祥などに
ついては謎なんだそうで ...

乗せたトンカツに各店独自のソース(カレーは不可)をかけ、
ソースはドミグラスソースが殆どですが、中にはトマトソースや
最近では中華風あんかけを使ったものもあるそうです。

  詳しくは 日本ボルガラー協会 → こちら

  「ボルガライス」のポスターやのぼりに使われている
  キャラクターデザインは同市出身の池上遼一氏によるもの。

今回のものはテイクアウトも出来るようになっていたので、
ボルガライスの画像としてはチョッと何なので ...

2014_02_23_07

  「ボルガライス」といえば「ヨコガワ分店

ここのボルガライスが食べたくて叔父貴夫婦を誘って
越前市まで食べに行った時に撮影したもの ...

 カツの見た目ほどにはオムライスの量はないので、
 女性でもペロリと食べられます。 ( \900 )

   今度行った時には大盛りで頼も~っと。

 ここのお店、「分店」となってますが 、
 行った時に訊ねたら「本店」は無いそうで ... (謎)
 

今回の「オム・グルメサミット」では、「ご当地オム・グルメ三国同盟」の
調印式が執り行われましたが、今後同盟国が増える事を期待してます。

       3県じゃ全国というには淋しいですから ... (^_^;)

|

« 十二町潟 | トップページ | 3月スタート »

イベント」カテゴリの記事

食・グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十二町潟 | トップページ | 3月スタート »