« 近況報告? | トップページ | 福袋 »

2014年1月 3日 (金)

ケンミンShow?

今年のコチラの家の玄関飾りです。

2014_01_03_01

独り住まいとはいえ、季節感は大切にしたいので ...
 

 
季節毎に飾付を替えるように心掛けています。

 
...折角なので先日のクリスマス時のものも。 (^_^;)

2014_01_03_02

 

お正月飾りの並べ方が正しいかどうかは判りませんが、
パッと見てお気づきになられたでしょうか?

ズームイン!

2014_01_03_03

以前「秘密のケンミンShow」でも取り上げられましたが、
こちらではお正月に飾る鏡餅は紅白なんです。 (^_^)

そもそも紅白の鏡餅は加賀藩主・前田家の習慣に始まっており、
金沢でも旧城下町の地域に限られて飾られていたそうで、
本来は紅を下に重ねるものだったそうですが、現在は逆です。

  紅白の鏡餅というのは室町時代に武士達が公家の儀礼に対抗し、
  正月に紅白の菱餅を足利幕府の将軍家に献上した事が起源だとか。

鏡餅では全国でも三割以上のシェアを誇る新潟県長岡市にある最大手、
お馴染みの越後製菓では石川県用として金沢を中心に紅白の鏡餅を
出荷しており、地元のスーパー等では普通に売られています。

  加賀前田家二代・前田利長公が築城・開町したお隣富山県の
  高岡市でも紅白の鏡餅を売っている所もあるそうです。

  石川県でも、もちろん白・白の鏡餅も売られており、県内でも
  奥能登の方では白い鏡餅を飾る家が多いそうで。

お正月に食べる雑煮のお餅も全国各地でそれぞれですが、
こちらの加賀地方では雑煮の餅も丸い紅白のものを入れる所が多く
紅白の鏡餅とは別に、雑煮用として紅白の丸餅も売られています。


金沢市天神町にある田井菅原神社では毎年12~1月、藩政時代に
藩主に献上された鏡餅を文献から再現し、神前に奉納していて、
毎年地元のニュースでも取り上げられます。

大鏡餅というのは県外各地でも飾られていますが、この様な形のものは
他にはないと思いますので、是非一度ご覧あれ!

  田井菅原神社のブログページ、

         コチラ と コチラ それぞれでご覧頂けます。 (*_*)
 

 
 

正月飾りといえば、鏡餅の他にも門松注連縄(しめなわ)なども
ありますが ...

  藩政時代、加賀藩は領内の用材確保のために
  民間の所有林・屋敷林を含め、松・杉・桐・欅・唐竹・樫・栗などの
  重要樹木7種の木の伐採を禁止、「七木の禁」と呼ばれる政令を
  定めていたため、領内で門松は飾ってはいけなかった時代も
  あったそうです。

  但し、藩の閣僚のみに限って門松を立てることが許されており、
  「お松拝領の家」と呼ばれたそうです。

  藩政時代には門松を立てることを許されることがなかった分、
  注連縄を飾る事が発達したそうで、注連縄も全国各地で様々な
  形のものがありますが、こちらでは主に「輪締め」と呼ばれる形の
  ものが主流です。

 

金沢は生菓子の消費量日本一!

 正月のお菓子として欠かせない縁起菓子が「福梅」です。

2014_01_03_04

      「福梅」について(Wikipedia)

  最中(もなか)の一種で、金沢の縁起菓子には
  他にも幾つかありますが、「福梅」は必ず用意する
  家庭が殆どではないかと思います。

  県内の和菓子屋、各店でそれぞれ作っていて
  各家庭、「ウチはいつも○○で」というように
  ご贔屓やお気に入りの店で買う家も多いです。

実は私、最中はあまり好きではないのですが ...

正月の縁起菓子と言うことで、喪中の場合は別として
紅白一組の福梅は毎年食べるようにしています。 (^_^;)

|

« 近況報告? | トップページ | 福袋 »

その他」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

食・グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近況報告? | トップページ | 福袋 »