« ひまわり村 2011 | トップページ | 北陸中日花火 2011 »

2011年8月24日 (水)

浅野川月見光路 2011

7月29~31日に開催された 金澤夕ぐれまつり

石川県中央公園周辺や浅野川界隈などで様々な
催し物が行われましたが、その中から

 浅野川月見光路 in かなざわ燈涼会 の様子を ...

2011_08_24_01

かなざわ燈涼会(とうりょうえ) について → 公式HP

月見光路金沢工業大学月見光路プロジェクトによる

灯りオブジェを使って、街並みをライトアップするもの。

かなざわ燈涼会のイベントの一つとして29、30日の二日間、
19:00~21:00 浅野川大橋周辺で行われました。

撮影に行ったのは30日の夜で、

下新町にある 久保市乙剣宮 から回ってみました ...

    2011_08_24_02

  上 : ライトアップされた拝殿前 下 : 境内の屋台

  30日日中は採れたての野菜や果物、鉢植えの花など
  朝市も開かれたようです。

久保市乙剣宮 ( くぼいちおとつるぎぐう )

下新町に鎮座し、「久保市さん」の愛称で親しまれている
古社 (創建年代不詳)

 御祭神
  素戔嗚尊(すさのおのみこと)、
  白山比咩(しらやまひめ)大神の第四子、乙剣大明神

この周辺が城下町としての金沢発祥の地とも云われています。

 金沢三文豪の一人、泉鏡花の生家が近くにあり
 子供の頃、鏡花は神社の境内を遊び場にしていたそうで、
 神社の前には泉鏡花記念館もあります。

    2011_08_24_03

     拝殿の東側に配置された灯りオブジェ

境内横のここから主計町(かずえまち)茶屋街へと通じる
通称「暗がり坂」があります。

    2011_08_24_04

       「暗がり坂」に置かれた燈籠

日中でも陽の当たらない暗い場所で「暗がり坂」と呼ばれ、
茶屋街が華やかし頃は旦那衆が人目を避けてお茶屋へと
通った小路です。 (^^ゞ

    2011_08_24_05

 上 : 浅野川大橋より 主計町茶屋街(左)と中の橋(右)
 下 : 主計町側の川岸に設けられた納涼床(川床)

私も涼しげな川床でビールを飲みたかったのですが、
グッと我慢して?撮影に専念。 (笑)

浅野川大橋を渡り、右岸の河川敷

    2011_08_24_06

 上 : 浅野川大橋をバックに河川敷に並べられたキャンドル
 下 : 梅の橋をバックに置かれていた灯りオブジェ

ひがし茶屋街では、チョッと判り辛いかもしれませんが...

2011_08_24_07

お茶屋さんの二階の障子を使って、内側から金沢の様々な
風景等のスライドショーを映し出していました。

この演出には訪れた観光客の方達も魅入っておられました。

ひがし茶屋街での演出で私が特に気に入ったのは、

    2011_08_24_08

  入り口の戸を僅かに開けて、陶器製の芸妓人形を
  バックライトでという、さりげない演出ですが ...

茶屋街の静かな何ともいえない風情を醸し出していました。

他に宇多須神社の境内にも灯りオブジェの演出があったのですが、
生憎の雨模様となって来たのでそちらは諦めて撤収~。

 月見光路のメインである 金澤月見光路

    今年は9月16~19日に開催される予定です。

    ※ 金澤月見光路 2010 の様子 → こちら

 
           この記事は予約投稿でアップしています

|

« ひまわり村 2011 | トップページ | 北陸中日花火 2011 »

イベント」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひまわり村 2011 | トップページ | 北陸中日花火 2011 »