« 兼六園 桜 2011 | トップページ | 兼六園 観桜期ライトアップ 2011 »

2011年4月20日 (水)

金沢城公園 桜 2011

引き続き、金沢城公園の桜

    城内の桜は約350本

観桜期スポットということで、「城と桜を撮る」という目線で
御案内させて頂きます ...

2011_04_20_01

金沢城(公園)の沿革を簡単に ...

天正11年(1583年)に前田利家公により本格的な建城が行われ、
明治2年(1869年)まで加賀藩前田家14代の居城となった。

1873(明治6年)~1945年(昭和20年) : 陸軍省の管轄財産
1949(昭和24年)~1995年(平成7年):金沢大学・丸の内キャンパス

1996年 : 石川県が国から取得、金沢城址公園として整備開始
2001年 : 金沢城公園と改称

         cherryblossom    cherryblossom    cherryblossom

一般的には、兼六園から金沢城公園へというパターン?
ですので、兼六園と金沢城公園を繋ぐ石川橋を渡って、
金沢城公園のシンボルでもある石川門側から入りましょう ...

    ※ 金沢城公園への入場は無料

 石川門 (いしかわもん)

  金沢城三御門の一つ(石川門、河北門、橋爪門)、
  金沢城の搦手門(からめてもん=裏門)で、
  「白門」とも呼ばれ、国の重要文化財です。

金沢城公園では、最低限外せない定番スポットですが ...

    2011_04_20_02

現在、脇塀等の補修中でストレートに撮ろうとすると
工事用シートや足場が入ってしまいますので、

定番アングルからチョッと外して、桜を目隠しとして利用し、

    2011_04_20_03

脇櫓(二重櫓)の上の方が見えるように撮ると良いかと。 (^^ゞ

もしくは一旦、石川橋下のお堀通り(百間堀通り)へと降りて、

    2011_04_20_04

 上 : 石川橋の南側より  下 : 石川橋の北側より

という感じに下から撮るのも良いでしょうし、
工事が終わった後でも、これらのアングルは定番として
使えますので。 (^_^)

 石川橋の上から百間堀の両側に並んだ桜を見下ろして
 北側、南側それぞれを撮るのもお薦めです。
 ( この時期、南側は逆光になるので要注意 )

石川橋を渡って、石川門を潜る前に、

    2011_04_20_05

   門前の桜のアーチを利用して、下から一枚

 ※ 石川橋上や、門の前は記念撮影で一番混み合う場所

 石川門は四季折々に特別公開として、建物内部見学が
 出来る時期もあります。 ( 無料公開 )

石川門を潜り抜けると三の丸広場に出て、河北門が右前方に
見えて来ます。

 ※ 三の丸広場の休憩所に園内のガイドマップ等が
   置いてありますので、入手しておきましょう。

 河北門 (かほくもん)

  金沢城三御門の一つで、三の丸の実質的な正門。

   宝暦の大火(1759年)で焼失後、再建されたが
   明治15年(1882年)頃に旧陸軍により撤去、
   古い写真や発掘調査結果をもとにして
   130年振りに再建された多門作りの門。

休憩所と河北門との間に一本の桜がありますので、
この桜を入れて撮ると良いと思います。

    2011_04_20_06

河北門の右側(北側)に中へと入る為のスロープがありますので、
二階の内部を見学( 無料 )して、

2011_04_20_07

ここから河北門と菱櫓を撮るのも、お薦めのスポットです。

眼下に新丸広場や、前方に市街地なども眺望出来ます。

一旦、河北門を潜って枡形の内側や、新丸広場側から
河北門を観たり、撮っておくのも忘れずに。

三の丸広場に戻って、河北門の左手前方に見えるのが
2001年に復元再建された、

2011_04_20_08

          三の丸広場より

菱櫓 (ひしやぐら)

 大手(正門)と搦手(裏門)を見張る物見櫓(ものみやぐら)

五十間長屋 (ごじっけんながや)

 菱櫓と橋詰門続櫓を結ぶ多門櫓(たもんやぐら)。
 武器等を保管する倉庫として使用されていたのに加え、
 非常時には城壁の役目も

橋爪門続櫓 (はしづめもん つづきやぐら)

 天守閣を持たない金沢城(本丸の天守は1602年落雷に
 より焼失、その後再建されなかった)では、二の丸が政治の
 中枢を担っていましたが、その二の丸の正門である橋爪門
 見下ろす位置にあり、三の丸広場から橋爪橋を渡り、
 橋爪門を通って二の丸へと向かう人々を監視するための
 重要な物見櫓。

 ※ 五十間長屋・菱櫓 内部見学有料 ( 大人300円 小人100円 )

 金沢城三御門の一つ、橋爪門(はしづめもん)周辺は
 現在、復元整備のための発掘調査中で、残念ながら
 橋爪橋や橋爪門を通る事は出来ません。

三の丸広場はご覧のように芝生となっていますが、
先程の河北門の手前にあった桜の木を入れるように
構図を一工夫すると ...

    2011_04_20_09

桜を絡めたそれっぽい雰囲気?のものも撮れます。 (^_^)

左手(西側)の橋爪門脇塀の上に、鶴丸倉庫と立派な桜が
見えますので、

    2011_04_20_10

ここも桜を絡めた撮影のお薦めスポットです。

 鶴丸倉庫 (つるまるそうこ) 国の重要文化財

   正式名 : 金沢城土蔵
   武具蔵で、現存する江戸期城郭土蔵としては
   建築面積最大といわれています。

三の丸広場から、右手の菱櫓のほうへと移動 ...

    2011_04_20_11

菱櫓の右(北側)の内堀沿いの道の両側に桜並木があり、
城内ではここが桜のメインストリートで、一番ボリュームが
ある所かと ...

 桜を入れて下から菱櫓を撮るも良し、桜のトンネルを撮るも良し、

 内堀の水面に映り込む桜を撮るのもお薦めです。 (^_^)

桜並木を通り抜けた所に、切手門(きりてもん)があり、

    2011_04_20_12

傍らに立派な桜が一本ありますので、ここもお薦めです。

ここで引き返して、終わりとするのも良いでしょうし、
下の新丸広場に降りて、大手門口の左右の桜や、

2011_04_20_13

新丸広場周辺の桜を撮るのもお薦め。

時間のある場合は、更に城内を一周して ...

2011_04_20_14

本丸側の戌亥櫓(いぬいやぐら)跡や、丑寅櫓(うしとらやぐら)跡、
辰巳櫓(たつみやぐら)跡などから、俯瞰位置で撮影するのも
良いと思います。

   本丸跡地側には国の重要文化財である
   三十間長屋(鉄砲蔵)もあります。

         cherryblossom    cherryblossom    cherryblossom

金沢城公園の広さ : 約6万坪 (東京ドーム約4個分)

 ショートコースならば30分から1時間
 一周コースならば1時間半~2時間程度

 といったところでしょうか。

今回ご紹介したコースは「城と桜を撮る」という観点から、
移動距離や順番等、スムーズに撮れるであろうという
私なりの想定での順路で、午前中か午後かによっても
日当たり具合も変わって来ますし、

金沢城公園を観て回って堪能するというコースとは
また違ったものです。 (^^ゞ

パンフレット等には城内・城外の「石垣めぐりコース」なども
掲載されていますので、「金沢城、観て歩き」の場合などは
そちらを参考にされると良いでしょう。

また、三の丸広場の入り口休憩所と、鶴の丸広場の休憩所には
ジュース類の自販機はありますが、売店等は特にありませんので
ご注意下さい。

 ※ イベント等開催時の屋台等の出店がある場合を除く

|

« 兼六園 桜 2011 | トップページ | 兼六園 観桜期ライトアップ 2011 »

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 兼六園 桜 2011 | トップページ | 兼六園 観桜期ライトアップ 2011 »