« 秋桜 | トップページ | 昆虫撮集 9-2 »

2010年10月14日 (木)

昆虫撮集 9-1

熊が出没

2010_10_14_01

10月2日午前9時頃、大桑町犀川緑地にてジョギング中の
男性(65)が体長150cmの月の輪熊に頭や腕を噛み付かれて
負傷、今年県内で熊に襲われて怪我を負ったのは3人目。

 私が野鳥や昆虫の撮影とかに良く出掛けているのが
 犀川緑地の法島町から大桑町にかけての一帯で、
 「わんぱく昆虫王国」と呼ばれている場所は、上の画像で
 看板の立てられている向う側にも数箇所ありますし、
 当ブログではよく登場する「油瀬木」もこの直ぐ手前側。 (>_<)

付近は暫く立入り禁止になっていましたが、この時の熊(親子)は
上流に引き上げたとみられて、取敢えずこの付近の立入り禁止は
解かれましたが ...県内の熊の目撃情報は今年1~9月末迄で、
前年同期から70件増の121件。

 石川県に限らず北陸三県(石川・富山・福井)とも、
 今年も熊に襲われて負傷した方が複数おられて、
 目撃情報も例年の3~5倍だそうです。

動物学者の方のお話によると、

熊は冬眠前の体に脂肪を蓄える為にどんぐりを大量に摂取する
必要があるそうなのですが、今年は奥山のどんぐりが不作で、
それで人里のどんぐりを求めて出て来ているのだとか ...

 いずれにしても当分の間、散策時は要注意ということで。

さて、前回からあらたに撮影したものなどを ...

    熊出没前に大桑町付近で撮ったものも。 (^^ゞ

2010_10_14_02
             犀川緑地にて

 ゴイシシジミ (碁石小灰蝶)

   チョウ目シジミチョウ科 体長 10~17mm

白い脚が何とも可愛いシジミチョウなんですが...

幼虫は日本の全種の蝶の中でも唯一完全な肉食性で、
竹、笹類やススキに着くアブラムシを捕食して育ちます。

    2010_10_14_03
            犀川緑地にて

    ウラギンシジミ 既に掲載していますが、
    オス、メスそれぞれ翅表が撮れましたので、
    画像上がオス、下がメス。

2010_10_14_04
          犀川緑地(大桑町付近)にて

 ホシホウジャク (星蜂雀蛾)

   チョウ目スズメガ科 体長 40~50mm

枯葉とかにジッとしていると、保護色で見落しがちですが、
飛んでいると黒と黄色の太い胴体がハッキリと目立ち、
羽ばたきが速いのでスズメ蜂のようにも見えます。

  以前からハチドリのようにホバリングして吸蜜する
  その姿を何とか撮りたいと思っていたのですが、
  今回ようやく撮れました!

    2010_10_14_05
         吸蜜中のホシホウジャク

 比較的暗い場所だったので、シャッタースピードが稼げず
 内蔵ストロボを使っての撮影ですが。 (^^ゞ

いつもお世話になっているGSさんこと、Gun-Slingerさん
御自身のブログで同じススメガ科のオオスカシバの吸蜜中の
ホバリングする姿をとても綺麗に撮影しておられて ...

到底、足元にも及びませんが、何とか撮れて嬉しぃ~。 (^o^)

ちなみに芋虫(イモムシ)という言葉は、元来スズメガ科の幼虫
指していう言葉なのだそうです。

2010_10_14_06
           犀川緑地にて

この角度からしか撮影出来なかったのですが ...多分

 アカウラカギバ? (赤裏鉤翅蛾)

   チョウ目カギバガ科 体長 37~48mm

カギバ(鉤翅)科の蛾の翅は流体的な独特の形状をしていて、
私にはSFに登場する宇宙人の宇宙船のようにも見えます。
夜に灯火などに飛来します。

2010_10_14_07
           普正寺の森にて

 ユウマダラエダシャク (夕斑枝尺蛾)

   チョウ目エダシャク科 開張 40~50mm

  ※ 開張 : 翅を広げた時の先端から先端までの長さ

黄色がアクセントになって意外と綺麗?なんですが ...

この配色は「鳥の糞」に擬態していると言われているそうで。 (^_^;)

    2010_10_14_08
            犀川緑地にて

 アブとトンボが合体したようなコレ、なんでしたっけ?

 双翅目(ハエ、アブの仲間)だとは思うんですが ...

|

« 秋桜 | トップページ | 昆虫撮集 9-2 »

動物」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

コメント

ご紹介に預かってしまい、恐縮です(汗

ホシホウジャク良いですねー!
内蔵ストロボ、こういう時にチャチャっと使えるのが強みですね。
自分も次シーズンはLEDかストロボでビシッと撮りたいなあ...

カギバ、よく見つけられましたね
自分なら間違いなく擬態に騙されて素通り確定です:)

この最後のアブトンボ、なんなんでしょう???
我が家の図鑑にも載っていませんでした。
確かに双翅目らしい顔、扱いはアブに違いなさそうだけど、うむ〜
こちらでも引き続き調査に参加させて頂きます:)

投稿: GS | 2010年10月22日 (金) 02時11分

■ GS番長さん

いつもコメント有難うございます! m(__)m

ホシホウジャク、念願のホバリング姿が撮れて
ホント嬉しかったです~。(^o^)
私も来シーズンまた撮れる様なシーンに出会いたいですね。

アカウラカギバも青々とした葉に居たので
たまたま見つけられたようなもので、
通常だったら判らなかったと思います。

双翅目らしきもの
GSさんのお手持ちの図鑑にも掲載が無かったですか。(>_<)
形状は特徴的なのでネットで探せば見つかるだろうと
思ったんですが ... なかなか見つからなくて。

動物園とか昆虫館のネット質問板みたいな所を探して
聞いてみようかとも思っています。

投稿: Maverick | 2010年10月22日 (金) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋桜 | トップページ | 昆虫撮集 9-2 »