« 飛鳥 II | トップページ | D51-522 »

2010年9月 5日 (日)

Steam Locomotive Type D51

買い物ついでに、ふと思い付いてJR北陸本線・松任駅へ ...bicycle

    2010_09_05_01

JR松任(まっとう)駅は金沢市の南側、白山市(はくさんし)
旧・松任市(まっとうし)にある駅。

    2010_09_05_02

このJR松任駅・南口駅舎に向かって右側(東側)にある
駅前緑地広場に蒸気機関車「D51」形が保存展示されています。

 日本の蒸気機関車は開業1872年、全廃は1976年

D51形蒸気機関車は、国鉄の前身である鉄道省が設計・製造した
蒸気機関車で愛称は「デゴイチ」、製造総数は1,115両に及び、
日本の蒸気機関車の代名詞ともなったお馴染みの機関車です。

2010_09_05_03

JR松任駅・駅前緑地広場に展示されている標準型D51

    2010_09_05_04
      上 : 前方から D51形機関車本体
      下 : 後方から 炭水車

D51形はテンダー式蒸気機関車で、動力となる石炭や水を
テンダー(炭水車)に積載し、機関車本体に牽引させる方式で、
検査時以外に機関車本体と炭水車を分離運用する事はしない。

ここに保存展示(静態保存)されているのはD51-822号機

2010_09_05_05

クリックして拡大表示すると説明書きが一応読める (^^ゞ
と思いますが ...

昭和18年(1943)製造、昭和45年廃車、使用27年間で走った
全走行距離は1,566,000km (地球約39周)だそうです。

2010_09_05_06

 運転台に誰でも自由に上がれるようになっています。

    2010_09_05_07
            運転台内部

 各部名称の説明パネルがぶら下がっていました。
 赤く塗られて開いているのは石炭を入れる焚き口戸。

2010_09_05_08
         中央上部、メーター、バルブ類

    2010_09_05_09
             運転席周り

2010_09_05_10
        運転席前方窓からの視界

私は鉄道マニアという事でも無いので、ここを撮らなければダメと
いう場所とか判らないので、撮り漏らしもあるかと思いますが
御容赦下さいませ~。 m(_ _)m

    2010_09_05_11

露天展示ではありますが、直ぐ側にJR西日本・松任工場が
隣接している事もあり、定期的に清掃なども行われているようで、
保存状態等は比較的良い方なのではないかと思います。 (^_^)

|

« 飛鳥 II | トップページ | D51-522 »

お出掛け」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛鳥 II | トップページ | D51-522 »