« 十六夜月 | トップページ | 昆虫撮集 8-1 »

2010年9月26日 (日)

彼岸花

花と実モノの撮影をと思い、兼六園・金沢城公園へと  bicycle

この時期の花といえば、やはり彼岸花 ...

    2010_09_26_01
        金沢城公園 鶴丸石垣上にて

ヒガンバナ(彼岸花) ヒガンバナ科ヒガンバナ属 多年草

  別名、曼珠沙華(マンジュシャゲまたはマンジュシャカ)

名前は秋の彼岸頃から開花することに由来し、全草有毒
誤食した場合、吐き気や下痢、ひどい場合には死に至る事も。

2010_09_26_02
        金沢城公園 鶴の丸広場にて

ショウキズイセン(鍾馗水仙) ヒガンバナ科ヒガンバナ属

 別名を鍾馗蘭ともいい、ヒガンバナとは別種になります。

2010_09_26_03
      金沢城公園 石川門脇塀そばにて

シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)

ヒガンバナとショウキズイセンの交雑種で、自然交雑種と
園芸品種が存在し、色は白色、クリーム色、ピンクの条が
入るものなど多種で、稀に同一株に赤と白が混在する場合も。

緑陰を散策中、

2010_09_26_04
        金沢城公園 本丸跡にて

シダ類の葉に当たった木漏れ日が印象的だったのでパチリ。

兼六園に移動、紫が目立っていた、

2010_09_26_05
           兼六園 梅林にて

ホタルブクロ(蛍袋) キキョウ科 多年草

 花色には赤紫のものと白いものがあり、関東では赤紫が、
 関西では白が多いそうです。

2010_09_26_06
         兼六園 花見橋付近にて

カリン(花梨) バラ科落葉高木 の実

別名は安蘭樹(アンランジュ)、カリンの果実に含まれる成分は
咳や痰など喉の炎症に効くとされ、のど飴の成分としても
お馴染みのものですね。
生食には適さず、砂糖漬けや果実酒にされます。

実はまだ青々としていましたが、熟すと黄色くなって来ます。

猛暑の影響で実物の見頃も、まだこれからといった所でしたが、

2010_09_26_07

園内のアチコチでは色々なキノコが育っています。

金沢城公園では、ほかに斑入りのヤブランナデシコなど、
兼六園内ではキキョウなどが咲いていました。

空を見上げると、変わった形の雲が ...

2010_09_26_08
           兼六園の上空

飛行機雲が流れた跡ではなく、通常こういう形になるのは
高層域で出来るものなのですが、比較的低空で珍しい事かと。

今回、花はヒガンバナが目的で、主な実物もまだだったので、
園内散策を植物から生物へと切り替えました。 (^^ゞ

|

« 十六夜月 | トップページ | 昆虫撮集 8-1 »

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

ちょっと、お邪魔します。これは飛行機雲ではなく『ケムトレイル』と呼ばれるものです。
 その証拠に、この様な航跡が毎日見られ、空が白空か、せいぜい水色空の毎日でもう青空はありません。
 ケムトレイルで画像、動画を検索したり、『ケムトレイル・気象操作掲示板』等をご参考頂ければ幸いです。各地の散布がわかります。
 アメリカ、ドイツは大手マスコミが報道せざるを得ない状況で、日本もそろそろでしょう。
 お写真を拝見しても、空が白っぽい、粉っぽい感じです。昼夜分かたず散布する事が多い為そうなります。
 日本はアメリカのカリフォルニア州程度の広さしかない為、大型機で周回散布が可能です。その為、田舎とされる所でも目撃されます。

また、曇りの日はバレないので散布しまくりです。梅雨の時期は気付く人も減ります(要は毎日散布するという事です)。

最近は夜間散布が拡散して、朝一から空は白い事が多いです。

投稿: MR.T | 2010年9月27日 (月) 12時25分

■ MR.Tさん

私は飛行機雲であるとは書いておりませんし、
そういったものがあるという話も聞き及んでおりますが、
そうであると断言出来る確証も、また否定するに足る
資料等もございませんので、何卒御了承下さいませ。m(__)m

投稿: Maverick | 2010年9月27日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十六夜月 | トップページ | 昆虫撮集 8-1 »