« 昆虫撮集 4 | トップページ | 噴水 »

2010年8月23日 (月)

生き物

鳥、昆虫以外で最近撮影した生き物

2010_08_23_01
           兼六園・瓢池にて

 ニホンイシガメ(日本石亀) : イシガメ科イシガメ属

瓢池のこの亀、天気の良い時は大体いつも池の中央の
この石の上で甲羅干しをしています。

2010_08_23_02
       金沢城公園・湿生園にて

甲羅に三本の稜線があるので多分、

    クサガメ(臭亀) : イシガメ科クサガメ属

子供の頃はクサガメって「草亀」だと思っていましたが
...「臭い」から付いた名前。 (^^ゞ

   2010_08_23_03
         県民海浜公園にて

 ミシシッピアカミミガメ : ヌマガメ科アカミミガメ属
                                    アメリカ原産外来種

いわゆる「ミドリガメ」、犀川河川敷や金沢城公園の大手堀など
で甲羅干しをしている亀を見掛けると、殆どがコレなんですよね。

日本庭園の池などで見掛けると少々興醒めしてしまいますね。

2010_08_23_04
        金沢城公園・湿生園にて

湿生園で見掛けたという話は以前から聞いていましたが ...

スッポン(ニホンスッポン) : スッポン科キョクトウスッポン属

   2010_08_23_05

       厳つい顔、頑丈そうな?爪

2匹確認しましたが、誰かがここへ持ち込んで放したんでしょうね。

爬虫類繋がりで?

子供の頃は家の周りなどでも良く観掛けたものですが ...

   2010_08_23_06
          犀川河川敷にて

  アオダイショウ(青大将) : ナミヘビ科ナメラ属

可愛い目で優しい顔立ちをした日本本土では最大の蛇。
子供の頃は首に巻いて遊んだりしたことも。 (笑)

犀川の中州と岸辺を行ったり来たりしているようで、
油瀬木の下手側で泳いでいるのを時々観掛けます。

目といえば ...

   2010_08_23_07
           犀川緑地にて

メダカ(ニホンメダカ・日本目高) : ダツ目メダカ科メダカ属

日本に棲息する最も小さな淡水魚、成魚体長 4cm程度。

目が大きく、頭部の上端から飛び出している事が名前の由来。

2010_08_23_08
             犀川にて

  アユ(鮎) : サケ目アユ科アユ属

30度を越す炎天下でも、若鮎の群れが泳ぐ所を観ていると、
何となく涼しい気持ちになって来ますね。 (^_^) 

|

« 昆虫撮集 4 | トップページ | 噴水 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昆虫撮集 4 | トップページ | 噴水 »