« カルガモ君、その後 | トップページ | 犀川 - 油瀬木 »

2010年7月25日 (日)

能登半島の最高峰

連日30度を越える毎日が続き、叔父貴夫婦から
涼みに行くぞ~」とドライブのお誘いがあり、
能登半島の最高峰、宝達山へと ... car

2010_07_25_01
  内灘町 大野川・清湖大橋上から望む宝達山

宝達山(ほうだつさん)は羽咋(はくい)郡宝達志水(ほうだつしみず)町、
かほく市、河北郡津幡町(つばたまち)、富山県氷見市に跨る山で、
標高637mの山頂は宝達志水町に位置する、能登地方の最高峰。

2010_07_25_02
      山頂に林立するアンテナ群

宝達山という名称は、江戸時代に金鉱があった事からで、
加賀藩にとっては文字通りの「宝の山」であったようで、
標高637mの山頂まで車で登る事が出来ます。 (駐車数台可)

2010_07_25_03

山頂に鎮座する手速比咩(てはやひめ)神社上社(奥宮)

2010_07_25_04

山頂にある一等三角点の柱石 ※三角点(Wikipedia)

2010_07_25_05
左 :国土交通省雨量レーダー  右 : NTT中継所

能登半島の付け根にある宝達山は県内の南北、
東側は富山平野まで見通せる重要な中継ポイントでもあり、
多くの中継用鉄塔が林立しています。
( NHKやテレビ金沢、北陸電力、警察庁 etc )

2010_07_25_06
       山頂から東、砺波方向

山頂からは東側は見渡せるのですが、南側は木々が生茂り、
私の背丈では覗く事が出来ませんでした。 (^^ゞ

標高600m、尾根付近の広い駐車場を備えた山頂公園の一角に、

2010_07_25_07
       山の籠宮城 ( 休み:水曜日 )

ログハウス風の休養施設「山の籠宮城」が建てられており、
軽食コーナーや自販機等もあって、気軽に利用できます。

山の籠宮城、西側の日本海に面するテラスからは
加賀・能登の眺望を満喫することが出来ます。

    2010_07_25_08
        上 : かほく市高松方面
        下 : 羽咋市滝町方面

こちらで、山の籠宮城からのライブカメラの映像がご覧頂けます
              ↓
           ライブカメラ ( 1分おきの映像 )

宝達山旅をする蝶として知られる「アサギマダラ」の飛来地
としても有名なのだそうで ... アサギマダラ(Wikipedia)

    2010_07_25_09

館内には数々の写真なども展示されていました。

2010_07_25_10

中で売られていたものの中で、こんな可愛いキーホルダー?
が目に付いてしまい、思わずシャッターを。 (^o^)

この日、金沢は30度を越える気温だったのですが、
ここでは涼風が吹き渡っていて、なんとも快適~。
山の籠宮城にあった温度計を見ると27度で、
昼食はここでピラフを食べて来ました。

山の籠宮城の側、駐車場脇に竹で作られたブランコが ...

    2010_07_25_11

        昼食後、童心に帰って?
    涼風の中、竹ブランコに興じる叔父貴。 (^o^)

山のアチコチではウグイスと蝉のヒグラシが競い合って
鳴いており、野鳥の姿は他にヒヨドリ、ホオジロ、ヒバリといった
辺りを良く目にしました。

山道を走っていると、オニヤンマが群れをなして飛んでいて、
走る車の窓から手を伸ばせば掴めてしまえそうなくらい。

    2010_07_25_12
         上 : オニヤンマ
         下 : シオカラトンボ

三人とも「暑い下界に戻るのは嫌じゃあ~」(笑)ということで、帰りは
富山側へと一旦降りて南下、今度は金沢市と富山県の南砺市に
跨る医王山(いおうぜん/標高939m)山系の夕霧峠(標高840m)を
通って金沢へと戻って来ました。 (^^ゞ

|

« カルガモ君、その後 | トップページ | 犀川 - 油瀬木 »

お出掛け」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カルガモ君、その後 | トップページ | 犀川 - 油瀬木 »