« 浅の川鯉流し | トップページ | 妙法寺のドウダンツツジ »

2010年5月 4日 (火)

彦三緑地のツツジ

浅の川鯉流しを見に行った帰りに、金沢市民にとっての
ツツジの名所となっている彦三緑地へ ...bicycle

2010_05_04_01

彦三緑地は、浅野川の主計町茶屋街のすぐ近く、
彦三町(ひこそまち)1丁目にあり、ツツジと牡丹で知られています。

    2010_05_04_02
          上 : 南側入り口
          下 : 東側入り口

入園は無料で、入り口は南側、東側、西側の三箇所にあり、
開園時間は8:00~18:00まで。

園内施設は土蔵を改修したツツジ資料館、休憩所、トイレ。

2010_05_04_03
     ツツジ資料館と西側入り口の看板

彦三町とは、前田家・家臣の不破彦三(不破直光・ふわなおみつ)が、
この地に上屋敷を構え、代々不破家が住んでいた事に由来します。

 もともと不破家は初代藩主・前田利家公とともに織田信長に仕え、
 越前府中(現:福井県越前市)で33,000石を領した大名であり、
 後に前田家に仕え、4,500石を領し人持組に属し活躍。

彦三緑地は加賀藩に仕えた遠田家の屋敷跡であり、
遠田家三代・勘右衛門自省(かんうえもんよりみ)が1747年(延享4年)
頃に、加賀藩六代藩主・前田吉徳(よしのり)公からツツジを拝領し、
その後遠田のツツジとして知られるようになり、この屋敷跡地に
伝えられてきたツツジの古木の保存を目的に日本庭園風緑地として
整備されたもので、遠田家と土師家の敷地を合わせたものです。

園内には拝領したツツジの古木(約80本)を中心に、72品種約1,400本
のツツジと、13品種・約 80本の牡丹が植えられています。

    2010_05_04_04
        拝領したツツジの古木

訪れた時に咲いていたツツジの中から一部を ...

2010_05_04_05

ツツジの女王」とも呼ばれる、クロフネツツジ(黒船躑躅)

2010_05_04_06

  上左 : ノトキリシマ (能登霧島)
  上右 : ヒノデキリシマ (日の出霧島)
  下左 : カネコゲンカイツツジ (金子玄海躑躅)
  下右 : ヒオウギ (緋扇)

2010_05_04_07

  上左 : ヤマツツジ (山躑躅)
  上右 : チョウセンヤマツツジ (朝鮮山躑躅)
  下左 : トウゴクミツバツツジ (東国三葉躑躅)
  下右 : コチョウノマイ (小蝶の舞)

2010_05_04_08

    上左 : マヤフジン (摩耶夫人)
    上右 : イマショウジョウ (今猩猩)
    下左 : ミヤギノ (宮城野)
    下右 : ワカカエデ (若楓)

2010_05_04_09

 上左 : コマチ (小町)       上右 : キリン (麒麟)
 下左 : フジマンヨウ (藤万葉)  下右 : トコナツ(常夏)

菊桜の記事でも書きましたが、先週一週間の気温の影響で
この時期の花の開花が全体に遅れています。

昨年は既に開花していていた牡丹もかろうじて4つだけが

2010_05_04_10

開いたところで、まだまだこれからという状況でした。

|

« 浅の川鯉流し | トップページ | 妙法寺のドウダンツツジ »

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浅の川鯉流し | トップページ | 妙法寺のドウダンツツジ »