« 青い影 | トップページ | カキツバタ - 兼六園 »

2010年5月16日 (日)

宮島峡

叔父貴夫婦のお誘いで、富山県小矢部市の
宮島峡県定公園へ ... car

2010_05_16_01
        一の滝甌穴

宮島峡は県道206号線、子撫川(こなでがわ)沿いの渓谷で
富山県の県定公園になっています。

県道は子撫川の側を走っており、途中にある滝に降りて
歩いて行けるようになっています。

     2010_05_16_02

一の滝は落差3m、小さなナイアガラとも呼ばれているそうで、
滝下にある甌穴群は富山県指定の天然記念物。

宮島峡は彫刻の里としても知られているそうで、情景に合わせて
12体のブロンズの女神像が置かれていて、

    2010_05_16_03

これは一の滝への降り口に置かれているもの。

一の滝から上流に500mほど上がると、二の滝へ。

2010_05_16_04

二の滝は三段落ちの滝になっていて、三段目の落差は5mほど。

2010_05_16_05

ここには対岸の壁に女神像がありました。

二の滝から更に上流へ700mほど行くと、竜宮淵と呼ばれる所に。

    2010_05_16_06

なかなか良い雰囲気の場所ですね~。

2010_05_16_07

ここでは川の流れの中に人魚の像が佇んでいました。

   ※ 富山湾の岩瀬浜にも人魚の像があります。

この辺りから道は川沿いからちょっと離れた所を走り、
1.2kmほどで子撫川ダムに到着。

    2010_05_16_08

子撫川ダムロックフィル方式で高さ45m、堤長224m。

ショッカーのアジトとかのロケに良さそうな場所ですね~。 (^o^)

    2010_05_16_09

ここには水浴のビーナス像がありました。

ここで折り返し、来た道を戻って高岡市の浅井神社へと ...

2010_05_16_10
          赤丸浅井神社

目的は富山県指定天然記念物となっている大ケヤキ

    2010_05_16_11

立っている場所の関係でフレーム内に収まりませんでしたが、
説明書きによると樹高約20m、幹周り約9.3mで富山県内で
最も大きな幹周りのケヤキだそうで、樹齢は1,200年以上だとか。

この日は以前から訪れてみたかった道の駅「万葉の里 高岡」で
ランチ。

2010_05_16_12

叔父貴が頼んだのはウニ丼、叔母はフレンチ風鉄火丼で、
私は富山名物の白海老の唐揚丼。

なかなかボリュームもあって美味しく、値段もリーズナブルで
三人ともそれぞれに満足しました。

こちらは道の駅「万葉の里 高岡」の名物の一つでもある

    2010_05_16_13

     「高岡大仏コロッケ」  1個 200円

大きさが14センチほどもあるジャンボコロッケ。
揚げたてでホクホク、サクサクしていて美味しかった~。 (^o^)

他にも握りこぶし大のシュークリーム「まんようシュー」(300円)
とか、氷見市生まれで高岡市育ちの漫画家、藤子不二雄A先生の
グッズ販売コーナーとか色々あり、楽しめる道の駅でオススメです。 

|

« 青い影 | トップページ | カキツバタ - 兼六園 »

お出掛け」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

食・グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青い影 | トップページ | カキツバタ - 兼六園 »