« 春の花木 (2) | トップページ | 春の草花 »

2010年4月22日 (木)

春の花木 (1)

今月に入って市内で撮影した花木ものです ...

2010_04_22_01
       金沢聖ヨハネ教会にて

サラサモクレン(更紗木蓮) : モクレン科モクレン属

サラサモクレンモクレンハクモクレンの交配種だそうで、
ソメイヨシノと同時期に開花します。

    2010_04_22_02

金沢聖ヨハネ教会(石引4丁目)のこのサラサモクレンは
金沢市の保存樹に指定されています。

2010_04_22_03
      長町武家屋敷・高田家跡にて

モクレン(シモクレン、木蓮・紫木蓮) : モクレン科 落葉小高木

以前は蘭の花に似ているということで「木蘭」を使っていましたが、
現在では蓮に似ているということで「木蓮」になっているそうです。

 スターダストレビューの「木蘭の涙」、好きな一曲です。(^_^)

2010_04_22_04
          高橋川にて

ハクモクレン(白木蓮) : モクレン科 落葉高木

2010_04_22_05
           にし茶屋街にて

アセビ(馬酔木) : ツツジ科 常緑低木

MS-IMEでは「馬酔木」と変換させるのに「あしび」と入力しないと
変換しないのですが「あしび」は別名で、正式名称は「あせび」。
これを食べると馬は酔っぱらうのではなく、苦しむそうです。(^^ゞ

2010_04_22_06
        犀川・犀星の道にて

ヒイラギナンテン(柊南天) : メギ科 常緑低木

2010_04_22_07
        犀川・犀星の道にて

ミヤマシキミ(深山樒) :ミカン科 常緑低木

ミカン科で赤い実をつけますが、有毒なので要注意だそうです。

2010_04_22_08
         犀川・犀星の道にて

フッキソウ(福貴草) : ツゲ科 常緑小低木

常緑で良く繁ることから福貴草と付いたそうですが、草ではなく木です。

2010_04_22_09
         にし茶屋街にて

ジンチョウゲ(沈丁花) : ジンチョウゲ科 常緑低木

香りが良い花木の一つですが、これの赤い実も有毒だそうで...

2010_04_22_10
         金沢城公園にて

ヤツデ(八つ手) : ウコギ科 常緑低木

画像は蕾の状態です...ヤツデは花よりも蕾のほうが好きなので。(^^ゞ

「天狗の団扇」としてお馴染みの葉は、実際には7、9、11の奇数枚で、
多いとい意味での「八つ」なんだそうです。

2010_04_22_11
     長町武家屋敷・高田家跡にて

イヌビワ(犬枇杷) : クワ科イチジク属 落葉小高木

別名をコイチジクともいわれ、イチジクの実か蕾のようにも見えますが
花嚢(かのう)といって、この中で小さな花が無数に咲くので、見た目には
咲いているのかどうかは判りません。

果実は枇杷(びわ)の実に似ていて食べられるようですが、枇杷ほどの
食用には向いていないようで、そこから「犬」が付いたとか ...

|

« 春の花木 (2) | トップページ | 春の草花 »

散歩」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の花木 (2) | トップページ | 春の草花 »