« 634 | トップページ | きときと~ »

2010年2月18日 (木)

海越しの立山連峰

14日の続き ... 国道159号線から県道289号線を抜けて、
能登半島東岸の七尾市庵町へ、ここからは国道160号線。 car

2010_02_14_21

国道160号線は、石川県七尾市と富山県高岡市とを
南北に結ぶ一般国道で、能登半島東岸の多くの区間で
富山湾沿岸を走っており、富山湾を挟んで対岸に
立山連峰が見えることから能登・立山シーサイドライン
という愛称がつけられ、観光道路としての一面も。

 石川県と富山県を跨ぐこの辺りは能登半島国定公園
 能登半島の日本海側は『外浦』、富山湾側は『内浦』と
 呼ばれています。

2010_02_14_22
   富山湾内は日本有数の定置網漁場

国内で海越しに3,000m級の山並が眺望出来る所は、
七尾市のこの辺りから高岡市の雨晴(あまはらし)海岸に至る
一帯だけで、世界的にも稀な景観と云われています。

この海越しに冠雪した立山連峰の美しい景観が見られるのは
12月から2月頃の良く冷え込んだ晴れた日 ...

とされるんですが、北陸という土地柄、冬場に綺麗に晴れ上がる日
というのも少なくて、この日もどちらかというと薄曇りの一日でしたが、
それでも何とか立山連峰の山並みを写すことが出来たので、
この日はこれで良かったな~と。(^^ゞ

七尾市庵町から国道160号線を南下しつつ、所々で撮影。

2010_02_14_23
  七尾市庵町の 道の駅いおり 駐車場からの眺望

2010_02_14_24
   七尾市大泊町の浜辺から

県境の大泊町の浜辺にちょうどセグロカモメが居たので、
道路から浜辺に降りて、海抜0mからの眺望という事で。(^_^)

 セグロカモメ : チドリ目カモメ科 体長60センチ 冬鳥

2010_02_14_25
  氷見市中田より 虻が島 と 立山連峰

虻が島は小さな島ですが富山県では最大の島であり、
画像の左側、北の男島(たぶのき島)と南の女島(まつのき島)
の間には橋が掛けられています。

2010_02_14_26
  氷見市中田 堤防そばの石灯篭を入れて

2010_02_14_27
 氷見市北大町 幸福を呼ぶ鐘唐島

国道160号線は氷見市阿尾あたりから一旦海岸線を
離れてしまうので、海岸沿いの県道373号線へ ...

北大町の海岸際に新しく綺麗に整備された公園があり、
公園の名前はまだ無い?ようでしたが、家族連れや
カップル、犬の散歩に来ている人も ...唐島の右手側に
見えるのは氷見漁港

2010_02_14_28
   唐島 と 立山連峰 をズームで

これら富山湾を挟んだ場所からは、立山越しに昇る朝日
見られる所なので、機会があれば撮ってみたいものですね~。

今回は時間的に雨晴海岸までは足を伸ばさないので、
海越しの立山連峰はここまで ... 続 く

|

« 634 | トップページ | きときと~ »

お出掛け」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 634 | トップページ | きときと~ »